ホーム » サーバー » サーバー仕様

サーバー仕様

お客様にとって最高の品質と最大の安心を

メガファクトリーの専用サーバーサービスには、利便性や信頼性などが求められる商用用途において、安心してご利用いただける環境とサービスがあります。


CPU

メガファクトリーでは、Intel社の最新CPU Xeon E3-1230V2 をはじめ、Xeon E5-2630、Xeon 5600をご用意しております。

一般商用利用から、アクセスが多い人気サイトやアクセス頻度の高いデータベースまで幅広くご利用いただけます。


メモリ

標準8GBの最小構成から、最大192GB搭載可能なプランをご用意しております。
CPUと同様、動作するソフトウェアやサイトへのアクセス頻度によっては、ぜひメモリ増設をお勧めいたします。

メモリ容量を決めるコツは・・・
一般的な用途では4GBあれば余裕を持って運用できます。但し、OSにWindowsを選択する場合には最低でも4GB搭載することを推奨します。
メモリリソースを消費するのは基本的にOSを含む各種アプリケーションですが、 ここでは具体的にどのようなケースでメモリが多く消費されるのか記載します。


アクセスが多いケース

  • 人気サイトである
  • 複数サイトを運営
  • アクセスが特定の時間帯に集中する(メディアで紹介されるサイトなど)

データベースを利用するケース

  • 商品数の多いショッピングサイト等を運営
  • 顧客データベースなど規模が大きめのデータベースを利用

コンテンツを配信するケース

  • ストリーミング、動画配信等のヘビーユース

その他のケース

  • WinowsOSを利用
  • 高負荷アプリケーションを利用

OS

メガファクトリーでは開発、ストリーミング、ショッピングサイト、メールサーバーなど用途に合わせOSを選ぶことが可能です。

お客様の用途に合わせ自由にカスタマイズしていただけます。


Linux(リナックス)OS

    ご利用率NO.1!
    安定稼動を求める方に最適のOS。
    ビジネスでサーバーを利用したい方、
    システムの安定稼動を求める方に最適のOSです。


Windows(ウィンドウズ)OS

    リモートデスクトップで操作が簡単!Windows OS。
    ストリーミング・動画配信用とで利用をしたい方、Windows環境の開発などの用途で利用したい方に最適のOSです。

  • Microsoft Windows Server 2008の詳細はこちら

HDD

万が一のディスククラッシュ(故障)に備え、メガファクトリーではハードディスクを二重化したRAID1構成を採用。
500GB(RAID1)~最大2TB(RAID1)までのディスク容量をご提供可能です。 商用用途でご利用の場合にはRAID構成は必須の機能です。

※一部旧プランのサーバーはシングルディスク構成となっておりますので、ご注意ください。


商用利用に必須のRAID構成

    どんなに信頼性の高いメーカーのハードディスクでもある一定の確率で故障することは避けられない事実です。
    そこでハードディスクを二重化(RAID構成)することにより以下のリスクを軽減することができます。

  • データ消失のリスク
  • サーバーダウンに伴うビジネスチャンス喪失のリスク
  • 仮にハードディスクが1台壊れてしまったとしても、もう一方のハードディスクは動作し続けるのでサーバーはそのまま稼動し続けデータもそのまま残るというわけです。 尚、壊れたハードディスクはすぐに新品のディスクに交換します。

※RAID構成は、データ消失のリスクを軽減しますが、100%保障するものではございません。お客様にて、データバックアップはこまめにお取りいただくことを推奨いたします。


トップへ